ようこそ!

この薬局で生まれ育った私は、お店で楽しそうに働く母の姿が憧れでした。
「ここにはいろんな人が来らして元気になっていかす」「ここは保健室のごたる」子どもの頃はそう感じていました。
そして私は結婚して京都に暮らし、二人の息子を育てながら幼稚園や小学校の保健室の先生として働きました。

ところが、息子たちが成長し夫婦の老後を考えるようになって、いつかは大好きな海の近くに住みたいと未来予想図を描くようになりました。それで5年前に佐世保近郊に引っ越すことに。保健室の先生の仕事を辞めた私は、30年ぶりに佐世保弁にもどり、母が守ってきたこの薬局を手伝うことになりました。
時は変わりドラッグストアやネット販売が増え続けていく中、ここは思い出の薬局のまま変わらないスタイルで続いていて、いろんな人が来て元気になって行かれます。そして私は、ここはずっと「まちの保健室」だったと気づきました。
佐世保市民の憩いの場である島瀬公園の前で60年近く、多くの方にお立ち寄りいただき、支えていただき今日まで続けてこられました。ありがたく感謝の気持ちでいっぱいで、喜んで店頭に立つようになりました。

私はこれからもここで、身体やこころの不調で元気をなくしておられる方や、ご家族のためにも元気でいたい、やりたいことができて楽しく暮らしたいという方々のお話を聞いたり一緒に考えたりし、元気づくりのお役に立ちたいとたいと思っています。
お店に描いた大きな花水木のように、しっかりと根をはり、いのちの花を咲かせることができるようと願っています。
もっと元気になれる方法を見つけたい!でもどこに相談に行けばいいのかわからない!そう思っておられる貴方。まちの保健室!堤常仁堂薬局にお越しください。貴方との出会いを楽しみにお待ちしております。
                       文・達富 富美

 

 

  

 

元気なからだは血液から!

私たちの身体は、毎日食べているものから出来ています。

食べたものが血液をつくり、血液が細胞に栄養と酸素を与えます。

細胞が元気になれば、体質も健やかに変化します。このことはその逆もしかり。

食べることを意識し、血液の質と量と流れを改善することを基本と考えています。